辻井伸行 ラ・カンパネラ 2009  ★ 辻井伸行 / ノクターン 第8番 変ニ長調 作品27の2  ★ フジ子・ヘミング~ノクターン第20番 - FancyLady

    FancyLady ホーム » スポンサー広告 » ◆映画 ドラマ♪ 動画 本 » 辻井伸行 ラ・カンパネラ 2009  ★ 辻井伸行 / ノクターン 第8番 変ニ長調 作品27の2  ★ フジ子・ヘミング~ノクターン第20番

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    辻井伸行 ラ・カンパネラ 2009  ★ 辻井伸行 / ノクターン 第8番 変ニ長調 作品27の2  ★ フジ子・ヘミング~ノクターン第20番


    ラ・カンパネッラ


    ポータル クラシック音楽


    ラ・カンパネッラ (la Campanella) は、
    ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、
    第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』を主題にフランツ・リストが
    ピアノ用に編曲し作り上げた曲である。

    最終稿の『パガニーニによる大練習曲第3番』は、
    数多くあるリストの曲の中で最も有名。

    今も多くのピアニストに愛されている名曲である。
    Campanellaとはイタリア語で「鐘」を意味している。
    4度の改訂が行われているので、以下に作曲された順に紹介する。



    辻井伸行 ラ・カンパネラ 2009





    夜想曲第8番 (ショパン)


    ポータル クラシック音楽


    フレデリック・ショパンの夜想曲第8番変ニ長調作品27-2は
    1835年作曲のピアノ曲。翌1836年に出版された。
    献呈はテレーズ・ダボニー伯爵夫人。
    非常に美しい曲想でしばしば「貴婦人のノクターン」と呼ばれている。

    8分の6拍子。ロンド形式。
    半音階を多用した流麗な和声進行で、
    変ニ長調-変ロ短調-変ホ短調-変ニ長調-イ長調-嬰ハ短調-
    変ニ長調と切れ目なく同一の主題が続いていく。

    装飾音に彩られたパッセージは他の楽器による編曲を許さない華麗なもの。
    コーダも曲全体にふさわしい6度の音階進行。



    辻井伸行 / ノクターン 第8番 変ニ長調 作品27の2






    アップロード日: 2010/11/27


    ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作
    piano:Ingrid Fujiko Hemming
    彼女自身が描き上げた絵画を美しいピアノの調べと共に...



    フジ子・ヘミング~ノクターン第20番







    にほんブログ村 ファッションブログ 大人可愛い系へ
      
    人気ブログランキングへ



    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://fancylady.blog.fc2.com/tb.php/175-cc1d6403

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。